暮らしの中で何があったら元気になれるかな? 


ごあいさつ

こんにちは

私のものつくりのきっかけは変形性股関節症の持病の進行です。

 

子供たちの行事で出かけるたびに、靴のひもを結ぶこと、床にあるものを取ることなど、屈むことが大変だと感じるようになっていました。

ある日、保護者会で和風のお店に行きました。和室です上がり框で靴を脱ぎ、下足棚にしまわなければなりません。「あっ!」と。その様子に気づいた方が、下足棚しまってくださいました。

 外出先で不自由な思いをし、日常生活を送る上で不便を感じていました。

 

そこで携帯型のマジックハンドがあれば、暮らしが随分改善されるだろうと考えて作りました。日頃の生活に困っている人に必要な道具は、その不自由さを知る者が作れば生活の中で手放せない道具になります。

 

    靴下をするっ~と履くこと・・・

    落とした鍵をさっと拾うこと・・・


実際には不便を感じながら諦めている人の

“諦めている不便さを解決する” 「Ato10㎝」!

 自分のことは自分でできる当たり前が、いつまでもできる “自立” の喜びとともに

BISAプロダクツの商品「Ato10㎝」を通じて実感いただければと願っています。

     BISAプロダクツ

      代表 水井 明美



急に立ち上がったり、地面にしゃがみこんだりすると、股関節に大きな負担がかかっていますよ。


*2006年11月:NPO法人のぞみ会変形性股関節症の会に参加。翌年1月本部運営委員になる

*2007年 7月:東京都立産業技術研究センター ~商品デザイン基礎講座~受講 「Ato10㎝」あと10せんちのプロトタイプができる

*2008年 7月:足立区創業プランコンテスト奨励賞受賞。

ユニバーサルデザイン携帯型マジックハンドの開発開始。

木製と樹脂製試案するも課題山済み

*2012年 4月:完成する

*2013年~2019年:体調不良、遠方介護で中断 

*2019年:再活


事業者名     BISAプロダクツ

事業内容     生活雑貨の企画開発・販売

電話・FAX    03-6319-1852