Ato10cm(あと10せんち)


しっかりそっと、つかむ手加減

元気な方も、そうじゃない方も「木」WOODEN HAND 五感を楽しむ。


 

立っていても 腰かけていても「慌てない・焦らない」余裕の道具 

小さい鍵



「Ato10㎝」のもう一つの機能、靴下が履けます


膝を曲げずに正面から靴下がはけます。爪先まで手がとどかず(靴下が履けない)とお嘆きの方へ、持ち手のカーブに靴下をかけて両手で履きます。

 

外反母趾や甲高であっても最大約15cmまで開きますので、広げながら足中ほどまで履き込めます。持ち方を戻し、凸凹でしっかり靴下をはさみ、かかとを履き入れます。

 

カーブの使いかたは、孫の手として背中をゴシゴシかく時にも重宝します。

 

立ち上がらずに「あっ!ティシューペーパー」と思った時にもAto10cmがあれば手前に引き寄せれます。

使いかたはあなた次第で広がります。

 

天然木だからの癒しが、遣う人は勿論その様子を見守る人達にもゆとりをあたえます。

 


・ かゆいところ、「ここよ!」いい感じ。



≪仕様 ≫



≪こだわり ≫ 愉しくらくしたい



≪木製品のお取り使いについて≫


天然木を使用しておりですので、1つ1つ木目や色味が異なります。掲載写真とまったく同じものもご用意できません。 色味が違って見える場合もあります。予めご了承ください。

・木は湿度に影響を受けます

  空気中の湿気により、材料の乾燥状態が変化し、伸び、縮みをします。

・木は直射日光が苦手です

  長時間の日差しにさらされると木材は乾燥し、変化に対応出来ない場合は割れやゆがみ、

  日焼けなどが生じます。

・木は環境により変化します

  上記の湿度や乾燥などの影響で膨らんだり縮んだりなど、変化を繰り返すと反りが生じる場合があります 

  木材は一度そってしまうと元に戻りません。

・木は衝撃に弱いです

  落下、加重などの衝撃に弱く、ひび割れや折れる場合などがあります。